フランス人の化粧水を使わないスキンケア方法でニキビ対策

フランス人のスキンケア

生活が乱れるとすぐにニキビができてしまうの、本当に困りますよね。

そして治った後も、ニキビ跡にわたしは悩まされてしまいます。

しかし、最近、かなりニキビ跡が良くなってきました。
そんな私がしたことは、とにかくシンプルなスキンケア。

フランス人(海外)は化粧水を使わない

雑誌かなにかで見た、フランス人は、化粧水はつけず、保湿クリームを洗顔後に直接塗る、というのを取り入れたのです。化粧水をつけないのはさすがに怖かったので、軽くなじませて、クリームはしっかりと。美容液などその他のものは一切つけませんでした。

また、夜しっかりと石けんで洗顔しているから、朝はぬるま湯で軽く顔を洗うだけにしました。
こういったシンプルなスキンケアを二週間ほど続けていると、あれだけ悩んでいたニキビ跡がうっすらしてきたのです。

全てのスキンケアをやめると、、

今までいろいろな美容液を試してもよくならなかったのに、すべてを止めた途端にぐんぐん肌が奇麗になったのです。

私が参考にしたフランス人式のお手入れですが、日本人はスキンケアを色々やりすぎだという指摘もされていました。普段シンプルなお手入れのフランス人が、日本人のような何度も重ねる化粧水や美容液といった凝ったお手入れを試したところ、ニキビが増えてしまったそうです。

すべての人にフランス人のような方法が合うとは限りませんが、結局のところ、自分に合ったお手入れの方法を見つけ出すことが一番の近道だと思います。

私は自分の方法を見つけ出せたので、ニキビ顔で楽しめなかったこの3年間ぐらいを取り戻すべく、美肌を追求して行きたいと思っています。