片思いで好きな人にニキビを見られたくない治したい人は美容液がいい

恋愛とニキビ

自分の顔のニキビがコンプレックスだけど、好きな人がいるからニキビを治したいという人にぜひ見て欲しいです。

10代の悩ましいニキビ顔時代

私自身、10代の頃顔中にニキビがあり、それがすごく嫌でした。

自分のニキビだらけの顔を、同じクラスの好きな人に見られてしまわないように、いつも下を向いていたし、風邪でもないのにマスクをしたりしていました。

片思いでしたが、、。やっぱり見られてる気がしてたので。。

だけどこれじゃニキビを隠しているだけであって、ニキビの改善にはならない

恋も進展しないと気付いた私は、ニキビを治すために自分でできる方法を探してみました。

やっぱりニキビは改善する努力が必要

ニキビが嫌で逃げるんじゃなくて、改善するための努力をしなければいけないと思ったのです。

その結果、私がしていたことはニキビには悪影響だったということを知りました。

下を向くことは、顔の血行を悪くするので結果としてニキビを悪化させていました。

また、マスクで隠すのは皮膚へのよくない刺激にもなるし、雑菌が溜まってはだが不衛生な状態になり、更にニキビを増やす原因になっていました。

下を向いたりするとにきびが痛かったし、マスクでお肌が蒸れるのも不快でした。

どちらも我慢していたけど、悲しいことに逆効果だったようです。

ニキビを治した方法

私がしていたことが無駄だったというショックはありましたが、ニキビの仕組みを知ることができたのでそれを生かして改善しようと決意しました。

下を向いたら血行が悪いので、意識的に顔を上に上げたり、気がついたときにリンパマッサージをするようにしました。

中でもリンパマッサージは小顔効果もあるので一石二鳥だと思い、積極的にしました。

マスクをつけるのをやめて、肌をきれいな環境の中で保つようにしました。

この2つをするだけで、かなりニキビを改善することができ、コンプレックスを克服した私は好きな人と話すことができるようになりました。

あと保湿が大事ということも学んだのでマスクじゃなくて、ちゃんとした保湿美容液を使うようにしました。一番効果あったのはこれかな。。

自分に自信もついたし、本当によかったです。

あ、その片思いですが、、。

相手に好きな人がいたのでこればっかりはどうしようもなかったです。

でも今は20代で普通に自身持って生きてますよ(笑)

もちろん洗顔も保湿もしっかり継続してます。

私のオススメはライスフォースかな。