片思い、悩める思春期モテない男子のニキビ面との付き合い方

十代の片思いとニキビ

ニキビは若さの象徴…なのですが、悩ましい問題ですよね。

片思いしてると出来たりするものです。

たとえば、鼻の左側に大きなニキビができてしまうと、異性と話すときには右側だけ見えるように(さりげなく)ポジション取りをしたりと、本人だけが気にする(←実際は誰も気にしていないことが多い)流儀、なんてものができたりもします。

モテないニキビ顔とのつきあいかた

まず、ニキビはある程度仕方のないものであると割り切った上で

気をつけたいのは…「汚らしい感じ」だけは出さないようにすることでしょうか?

単純な話、

学生服の上にのっている顔面がニキビ面であるとして、その学生服は大丈夫でしょうか? シャツは真っ白であるのかどうか、というところから注意していきたいものです。

真っ白で清潔なシャツの上がニキビ面、これは爽やかです。

反対に、よれよれで襟が黒ずんだシャツの上にニキビ面…

これは汚らしいです。

あまり近寄りたくないです。

つまり、ニキビを気にするあまり「いじり」すぎて悪化させ、汚らしくするよりも、よく洗顔してあとは放っておいて、そのかわり身だしなみに気を配る、これがベストとはいえわないまでもベターな対処法ではないかと思います。

モテるようになりたいなら

口臭にも気を配る必要があります。

ニキビ面で口臭がヒドイ…サイアク、汚い感じですよね。

よおく歯をみがいて、ニキビ面から真っ白な歯をのぞかせて爽やかな息を繰り出しましょう。

さて。最後に大切なアドバイス。

これまでの学校生活をふりかえって「ニキビ」をテーマに思い起こすことは、

少なくとも男子の場合、

へんに美肌であるよりも「ニキビ面」であるほうがモテていました

短髪、ニキビ面、運動がなかなかできる、加えてそれほどイケメンでもない

これが「同性(男)に人気が出る」人の特徴です。

当たり前ですが、同性に人気のある男子は、女子にもモテる、という論法ですね。

あんまり美肌のイケメンよりも、学生(十代)のうちは、少々肌荒れしているくらいのほうが良かったりもするようです。

あと、男子も洗顔はプロアクティブいいですよ♪